松岡ミシン商会 Blog


 

2017.07.23[日] ハマるキッカケ。 其の四

ここ数日バタバタしているので、台所に立つのは片付け時のみ。

食器洗いも慣れれば、中々面白くなりますョ。作っても片付けが嫌な人もいるかも
しれませんが、普段はいつも頑固な汚れのミシンパーツを洗浄しているので、
食器の汚れは汚れの内に入らない。そう考えると面倒では無くなりました。
洗うと言う事に興味を持てば、結果が出た時に満足感が有りますよ^^

子供も大きくなって来て、お金が掛かる世代の男性は 
中々趣味にお金を使う事も出来ないので、料理にハマるのも良いのでは?
なんて勝手に思っています。基本的に衣食住は生きて行く上で必須なので
節約は出来ても、出て行くお金をゼロにする事は出来ない。
なのでお金が使いにくい人、余裕が無い人の趣味は料理がおススメです。
年老いてからも必ず役に立つはず。

私が台所に立つ事を想像出来ない人からは、
信じられないと笑い話になっています。一体どうしたのですか?とか。

食器洗いも、タイムトライアルだとか、テーマを決めてゲーム感覚で自分と戦っています。

料理も既に情報の洪水状態なので、情報の中から選んだり決めたりするのではなく、
まずは自分自身が何が食べたいか。どんな味が好きか。そんな所から情報を利用すれば楽しいかも
しれませんよ^^

ど素人で趣味なので言いたい放題ですね(笑

でも、少し疲れたら。
安い高い関係なく、素直にプロの方が作る食事をご馳走になりに行きましょう。

2017.07.22[土] 眠り穴かがりミシンの修理依頼

先日の事、連発で5回以上不在着信。マナーモードで気付かず。
何々?何があったのだろうか!?と折り返すと。
昔からお付き合いの有る遠方の仕入先の方からの修理依頼。

仕入先の方が直販したミシン。
こういうケースはご辞退させて頂く場合も有りますがお世話になっている方のお願いなので快諾(笑

で、お客さんへ直接電話を入れてみると、既に年配のミシン屋さんが一度修理に
入っているらしく。色々バラして何時間も掛けて見てくれたみたいですが直らず・・・
これはもうダメかも、と仰っているらしい。
穴かがりミシンだけに少し嫌なパターン。要らぬ所まで触られていると少し厄介。ですが、この年配の方の
仰る気持ちも解らないでもないのです^^; その理由はまた何時か。

落ち着いてじっくりお話を聞くと、あぁあそこがおかしくなっているんじゃないかな?と少しイメージ
出来てきたりします。 

修理に伺う日は、お客さんの社長様は出張中なのですが、行ってみました。(近くなので助かった)
で、やっぱり思ったところドンピシャでした。良かった(笑

1回で仕上げたかったのですが、残念ながら一つ部品が破損。早速発注し、次回出直し。
 
目処は付いているけど、直るまでは何とも言えないのでまだ少し不安は残っていますが
原因がつかめたので少し安心しました。

こちらも出張予定が有るので、帰り次第もう一度訪問予定。

時代が時代だけに気持ちは解りますが、工業用ミシンは出来れば少しでも責任を持ってくれるところから
購入しましょう^^ 

工業用ミシンは購入がゴールではなくスタートです。

2017.07.19[水] 蝉の抜け殻

ユルい投稿が続きます。

今の仕事場から歩いて程近い実家の旧仕事場。
この季節になると、毎年の様に家の壁に蝉の抜け殻が沢山付いています。
今年は特に多い気がする。
家の前は公園なので不思議でも無いのですが、何故わざわざ
何メートルか有るアスファルトの道路を歩いてここに登るのか解らない。

いよいよ夏本番。

18103910_2260019326_106large.jpg


2017.07.19[水] ハマるキッカケ。 其の三

ミシンの記事でなくてすみません。連投すみません。
ウザッと思った人は適当にスルーしておいてください。

あまりUPしていないですが実は結構な頻度で、晩飯作りをしています(笑

周りの知り合いの方、勿論男性。が、自分が思っているよりも
かなりの割合で料理が出来る事が多い事に気付きました^^; 反省。

今日は可も無く不可もなしだったのでUPしませんが・・・
昨日作った天丼。

これはホントに旨かった! 

タレもクックパッドを見て自分好みの味に上手く調整出来ました(笑

美味しく頂きました。ご馳走様でしたm(__)m

18103910_2259831486_201large.jpg

2017.07.18[火] 基準

後メスか、先メスか。
粗いか細かいか。

色々表現の仕方は有るけど、僕は程々が好き・・・・かな?

僕はね^^



IMGP9564_02.jpg



2017.07.17[月] ハマるキッカケ。 其の二

前回書いた通り、今まで料理に関しては正直あまり興味が無かったのです。

で。

随分前から料理が出来る知り合いから、良く言われていたこと。

「マツオカが料理に拘ったら中々いける筈」 「絶対はまるよ!」とか。ありきたりの言葉が
並ぶのですが響かない。

きっかけにはタイミングも必要なのでしょうけど。

でも、今回たまたまかもですが、自分がミシンに対して思っている色々な考えを、料理に置き換えて
表現してくれた人が現れました。

このブログでも表現しきれないので、簡単にしか書けないのが申し訳ないのですが、兎に角ドンピシャに
一気に心の奥底までズドーンとハマッてしまったのです。

料理が旨い=ミシンが調子良い 
と考えると、本当に色々当てはまります(笑
いえ、他の仕事にも沢山当てはまるのかもしれません。

と言う事で、料理ネタはまたいつか、不定期更新です。あくまでも料理は趣味です、出来れば続けたい
ですが飽きたら終了ですので悪しからずご了承ください^^;




2017.07.16[日] ハマるキッカケ。

年単位でブログをお休みすると、
ウェブ上から、ほぼ消えてしまっています。
なので気楽にUP中(笑 

わたくし、仕事以外の作業らしき物は本当に面倒くさがりというか何と言うか。
ですので家事はあまり得意ではありません。
6年前にカミサンが手術した時には必死でやった記憶が有りますが、人間弱い物で。
時が経ち喉もと過ぎれば、手伝っても食事の後片付けくらいで。

ところが・・・

とある人との会話で、ふとスイッチが入ってしまった。

なんと料理始めました(笑  続きはまた今度、追記か別記事にて。


18103910_2259497881_116large.jpg


2017.07.15[土] 無い物は作る( ・`ω・´)キリッ

なんて、陳腐化したキャッチコピーは置いておきます。

何度かやり直しの末に出来たこの仕事、相当に時間を費やしました。
お客さんも喜んでとても満足してくれました^^
ではさて幾ら請求させて頂こう、と言うのは冗談で、端から貰うつもりは無かった。
趣味の仕事として一度やってみたかったのです。
プロから、貰えよ!と言う声が飛んで来そうですがど素人が趣味でやってみた
作業なのでご容赦ください。
いや、別の角度で考えると、そんな削り易い素材で良いカッコするな!なんて言う言葉も聞こえそう(笑
そんな方もご容赦ください。

この時代、色々な事が出来る器用な方はたくさんいらっしゃいます。
自分が扱う業務以外の全ての仕事に対して、あらためて敬意を払いたい気がします。

でも。
その仕事が出来る。 と、 その仕事で食べれる。 はやっぱり違う。

IMG_4120_01.jpg

IMG_4146_01.jpg


画像は、お客さんが作った特注のボタンの為の駒でした。
旋盤は工業高校時代の授業以来数十年ぶりの作業(笑
画像のミニ旋盤は10年前に、お客様のご好意で頂いたもの。やっと動かせました・・・^^; 

2017.07.12[水] 綾テープ

副資材あるある。

画像の左側は5mm、右側は6mm・・・らしい。
実寸の左側は4.5mm、右側は・・・7mm(笑)

本当に欲しい寸法は実寸で5.5mm。

二本針本縫いミシンで身頃にテープ付けをしたいのですが出来るだけ細いものが良いという要望。
お客さんの手持ちのミシン(片針停止)のゲージ幅の最小は1/8インチ(3.2mm)
4.5mmではまず脱線してしまう可能性大。7mmでは問題外。

出て来てくれますように^^ 

IMGP9565_01.jpg



2017.07.11[火] 仕事30年目、ブログ10年目。

久方ぶりに帰って参りました。

少しの間、ブログに関してはお休みを頂いていましたが、
松岡ミシン商会は相も変わらず苦難の道を進み続けております(笑)

お休みの間、色んな方にブログのパスワードを教えて欲しい。
早くブログに復帰して欲しい。と、色々ご要望も頂きました。

その度にすみませんと言うしか無かったのですが、そろそろ、また書いても
良いかな?と思えるようになって来ました。

ミシンの仕事を始めて、私自身としては今年で30年目に突入しています。
少しお休みを頂いていましたが、ブログを始めたのも、もう10年も前・・・

歳食って来ました(笑) 



そろそろ復帰して行こうかなと、思います。

プロフィール

matsuokasewingmachine

Author:matsuokasewingmachine
Matsuoka Sewing Machine Co.


■mail■

unionspecial_flatseamer@yahoo.co.jp


松岡ミシン商会 OFFICIAL SITE


ミシン在庫情報

online:

Copyright © matsuokasewingmachine